日本労働法学会 / Japan Labor Law Association

日本労働法学会 / Japan Labor Law Association日本労働法学会 / Japan Labor Law Association

受賞者一覧

過去の奨励賞受賞者

受賞年度 名前 論文名/著書名
2022年度 山本陽大 『解雇の金銭解決制度に関する研究−その基礎と構造をめぐる日・独比較法的考察』(労働政策研究・研修機構研究双書、2021年)
2021年度 (該当者なし)  
2020年度 井川志郎 『EU経済統合における労働法の課題ー国際的経済活動の自由の相克とその調整』(旬報社、2019年)
2019年度 河野奈月 「労働関係における個人情報の利用と保護ー米仏における採用を巡る情報収集規制を中心に(1)〜(7・完)」法学協会雑誌第133巻12号,134巻1号,2号,3号,5号,135巻1号,11号(完結号:2018年)
2018年度 土岐将仁 「法人格を越えた労働法規制の可能性と限界(1)〜(6・完)ー個別的労働関係法を対象とした日独米比較法研究ー」法学協会雑誌第134巻5号、6号、8号、9号、10号、11号(2017年)
2017年度 (該当者なし)  
2016年度 石ア由希子 「疾病による労務提供不能と労働契約関係の帰趨ー休職・復職過程における法的規律の比較的考察(1)-(5・完)」法学協会雑誌第132巻2号、4号、6号、8号、10号(完結号:2015年)
鈴木俊晴 『労働者の傷病と産業医の関与についての法政策ーフランス労働医が有する就労可能性判定機能の歴史的分析を手がかりとして』(早稲田大学出版部、2015年)
2015年度 (該当者なし)  
2014年度 (該当者なし)  
2013年度 (該当者なし)  
2012年度 神吉知郁子 『最低賃金と最低生活保障の法規制』(学術選書、2011年)
池田 悠 「再建型倒産手続における労働法規範の適用(一)〜(五・完)」法学協会雑誌128巻3号(2011年3月)〜128巻11号(2011年)
2011年度 富永晃一 「比較対象者の視点からみた労働法上の差別禁止法理ー妊娠差別を題材として」法学協会雑誌127巻4号495頁〜127巻11号1771頁(2010年)
大木正俊 「イタリア労働法における賃金の均等待遇原則の展開ー同一価値賃金原則と私的自治の関係」早稲田法学84巻2号101頁〜86巻1号31頁(2010年)
2010年度 (該当者なし)  

 

contents menu

学会関係書式ダウンロード 日本労働法学会員ページ

学会の連絡先

【本部事務局】
南山大学法学部 緒方桂子研究室
〒466-8673 名古屋市昭和区山里町18
rougaku@gmail.com
問合わせ:問合わせフォーム
【委託事務局】
一般社団法人 学会支援機構
〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13
小石川アーバン4F
rougaku@asas-mail.jp
※2017年4月1日に委託事務局を変更しました
※住所等変更や会費納入状況についての問い合わせは「委託事務局」へお願いします。